事務員として働くなら、どんな雇用形態で働きたい?

縁の下の力持ち、事務職。決して派手さはありませんが、いないと会社が成り立ちません。内勤で楽、なんてイメージもありますが、実際は専門性がないぶん仕事は広範囲に及びますし、作業の正確性やコミュニケーション能力も求められます。そんな重要な仕事である事務職について、実際もし働くとするなら理想の雇用形態はどのようなものか、アンケートをとってみました。

5

 

どうせ働くならしっかり働きたい!およそ8割の人が正社員と回答

アンケートの結果、およそ8割の人が正社員と回答しました。

・きちんと働けばお給料がしっかりもらえて、有給や各種保険も完備だから。(50代/女性/専業主婦)
・どうせ働くなら正社員で働きたいです。仕事には責任を持って取り組みたいので。(30代/女性/パートアルバイト)
・雇用状態として一番安定していると思うからです。その他の雇用形態では雇用保険などがないので将来的に急に仕事を失うことがあるリスクが大きすぎます。正社員なら退職金、雇用保険に、厚生年金、ボーナスなどある程度の保証があるので、急に仕事を失ったときにもある程度の保証が付いてくるので安心です。(30代/女性/パートアルバイト)

正社員を選ぶ理由として、退職金や雇用保険、ボーナスなどの待遇にメリットを感じる人が多いことが分かります。また昨今の厳しい労働環境の中で、雇用期間のあらかじめ決まっている派遣社員や契約社員よりも長期的に働くことができる正社員がいい、という意見も見られました。

またそのような安定性や待遇があるぶん、責任をもってしっかり働きたいという人が多いことが分かります。

imasia_10536034_M

プライベートを重視するならアルバイト・パート

2番目と3番目に多かったのが「アルバイト・パート」と「派遣社員」で、それぞれおよそ1割の人が回答しました。

・子供が小さい時に働くには事務は最適なので、時間の融通をきかせてもらえるパートが働きやすいと思います。希望を出せば正社員にあがれる制度があればいうことなしです。(30代/女性/パートアルバイト)
・特にこだわりがないので、結婚していて働く分には、気楽なアルバイトやパートが良いと思います。(30代/女性/専業主婦)
・正社員は残業があるので、残業なしで定時できっちり終わることを希望するから。(20代/女性/専業主婦)
・職場が合わなかったら、すぐに移動できる派遣社員がいいなあ・・・・・・(40代/女性/会社員)
・正社員は仕事内容によって残業や休日出勤の可能性もある。派遣社員は交通費が出ないことが多いので。契約はその間くらいで丁度いいと思う。(20代/女性/契約派遣社員)

育児中など、仕事もしたいけれどプライベートの時間も大事、という人は残業などの仕事の責任を伴う正社員よりもアルバイト・パートや派遣社員によりメリットを感じていることがうかがえます。また事務職は専門職ではないため、職場の人間関係や仕事内容に不満があった時にすぐに違う職場へ変わることができる派遣社員や契約社員を希望する人もいるようです。

どのような働き方がいいのかは、プライベートの状況次第!

アンケートの結果、仕事をキャリアとして考え責任感を求める人は、それに伴う正社員としての安定性や待遇を求めていることが分かりました。また正社員以外を選んだ人も、子供の成長などプライベートでの状況が変わったり、職場の環境が自分に合っていれば正社員になりたいと考えている人もいるようです。

仕事に全力をかけるときもあれば、そうしたくてもできない状況の時もあります。だからこそ、それぞれ自分が置かれているライフステージによって、理想とする雇用形態は変わってくるのでしょう。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年07月28日?2015年08月11日
■有効回答数:100サンプル

post_banner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨今正社員を雇用せず派遣社員で賄う会社が激増しています。昔より格段に門戸が広くなった派遣社員ですが、…
  2. 社員の給与計算、月次決算、日々の細々とした精算など、会社のお金にまつわる作業を一身に背負い、縁の下の…

最新の記事:ライフスタイル

最新の記事:お財布事情

最新の記事:事務・経理の仕事術

最新の記事:スキル・キャリア

最新の記事:お仕事選び方テク

事務・経理の求人数トップクラス!|ウーマンスタンス
ページ上部へ戻る