会社のお金を管理する経理担当者は自分のお金も管理できてる?

入出金管理や経費管理、決算業務など会社の「お金」に関する業務を一手に担っている経理の仕事。1円のミスも許されないシビアな仕事をこなす経理の人たちは、傍から見るととても神経細やかできちんとした人たち、という印象を受けるかもしれませんね。高い専門知識やパソコンスキルを持っている人も多いですが、そのスキルはプライベートでも生かされているのでしょうか?

経理の皆さんの金銭管理事情について、アンケートをとってみました。

new_5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

確かに知識・技術はあるけれど、衝動買いが玉にキズ!?

アンケートでは金銭管理が得意という人と不得意という人、見事に真っ二つに回答が割れました。

・得意な方だと思います。ライフプランの検討などもエクセルなどで自分で行えます。(50代/男性/会社員)
・固定費、変動費を上手く管理できるようになったと思います。変動費を押さえる努力が大事。(40代/男性/会社員)
・頭の中でお金の流を把握するのが自然と出来る様になって管理しやすくなったから。(50代/女性/パートアルバイト)
・家計の管理も経理の視点を持って取り組むことで、効率を最大化できるので得意(40代/男性/会社員)
・不得意です。仕事だから会社の会計はこなしますが、自分の財布はいつも知らないうちにお金が減っています。(30代/女性/パートアルバイト)
・全くダメ。出入金を記録することは得意だが、実際に使うときには経理の知識も経験もさっぱり役に立たない。(50代/女性/パートアルバイト)
・給料が出たら食費・おこずかい・電気代などの生活費を分けて管理はするのですが、衝動買いをする事が多いので得意とは言えません。(20代/女性/パートアルバイト)

パソコンソフトでお金を管理したり、現金を費目ごとに分けて管理するなどさすがのテクニックが随所に見られます。ですが、それがすなわち節約や貯金につながるかというと、そこは人によって違うようです。「得意」派の意見を見ると自分の経済状況を客観的に把握し、まるで会社のお金を扱うかのように見事に管理ができています。

一方、「不得意」派の方はどうしても誘惑に勝てずに衝動買いをしてしまうなど、管理の技術はあるものの心の弱さがアダに!?人のお金はシビアに扱うことができても、自分の財布となるとなかなか難しいようですね。

家計においてもシビアな「経理担当」になろう!

経理の人って私生活もキッチリしているのでは、というイメージがあるかもしれませんが、アンケートの結果を見ると実に人それぞれ。イメージそのままの人もいれば、案外財布のひもが緩い人もいることがわかります。金銭管理の知識や技術は持っているので、それが生かされないのは少々もったいないようでもありますね。家計に関しても会社の経理を扱うのと同じ視点を持つようにすれば、無駄な出費をなくし上手に蓄財していくことができるようになるのではないでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年07月10日?2016年07月24日
■有効回答数:100サンプル

post_banner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨今正社員を雇用せず派遣社員で賄う会社が激増しています。昔より格段に門戸が広くなった派遣社員ですが、…
  2. 社員の給与計算、月次決算、日々の細々とした精算など、会社のお金にまつわる作業を一身に背負い、縁の下の…

最新の記事:ライフスタイル

最新の記事:お財布事情

最新の記事:事務・経理の仕事術

最新の記事:スキル・キャリア

最新の記事:お仕事選び方テク

事務・経理の求人数トップクラス!|ウーマンスタンス
ページ上部へ戻る