大調査!もしも会社に1つだけお願いできるとしたら!?

「自分の勤めている会社が、もしなんでも要求を聞いてくれるとしたら…」と想像したことのある方は多いのではないでしょうか。どんなに素敵な職場であっても、働いているうちに何らかの不満や不便さを感じるのは珍しいことではないですよね。

逆に、その不満さえ解決されればもっと仕事に対するモチベーションを上げられる、という人も少なくないかもしれません。そこで今回は、「会社が1つだけ要望をきいてくれるなら、どんなことにするか」についてアンケートを取ってみました。

5

 

仕事のやる気にも直結!?やっぱり重要なのは給料!

アンケートの結果、もっとも多かったのは「給料アップ」という回答でした。

・今の環境は決して悪くはないので給料がアップしたらもっと頑張れます(30代/女性/パートアルバイト)
・今のお給料がかなり低いのでお給料をあげて欲しいです。 お給料が上がれば仕事もさらにヤル気が出ると思います。(30代/女性/会社員)
・残業も多い為、もう少し多くてもいいと感じてます。また、雇用形態も正社員になりましたがあまり増えてないのでそこでの差もあっていいのかなと思います。(20代/女性/会社員)
・結婚して子供ができると時間と給料の割合をとても考えるようになったから。(30代/女性/会社員)

働いている側にとって、やはり給料は何よりも気になる話題です。「もらえるお金が増えれば仕事を今以上に頑張れる」という意見が多いことから、給料は仕事のモチベーションをもっとも大きく左右する要素であることが分かります。また、仕事量や勤務時間に給料が見合っていないと感じる人もおり、そのような状況で働き続けるのは確かに辛いですよね。

new_59b2e52673269c96e6bde7575453d687_s

出産・育児面でのサポートを望む人も多数!

アンケートの結果、2番目に多かったのは「出産・育児に関する待遇」という回答でした。

・産休、育休に対して十分な対応をしてくれる会社はまだまだ少ないと思います。 出産をしてからもまだまだ働きたいのに産休、育休制度が無いために 活躍している女性の能力が潰されるのはとても残念な事だと思います。(20代/女性/専業主婦)
・育児休暇後、退職をしてしまう女性が多いので待遇をしてほしいです。現在私が産休中なので特に思います。(20代/女性/専業主婦)
・現状では育児と仕事の両立は難しい。勤務時間と急な欠勤に配慮してほしい。(50代/女性/専業主婦)
・子供が熱を出したときや、一緒にいるべきときは休ませてくれたり短時間勤務にしてもらいたいから(30代/女性/専業主婦)

最近では女性の社会進出や男性が育児に関わることが推奨されているとはいえ、そのためのサポートが不十分な会社はまだまだ存在します。妊娠しても退職する必要がなかったり、きちんと育休が取れるようになることを望む声が多く聞かれました。さらに、仕事に復帰したあとでも、子供の体調や学校行事などが理由の欠勤・早退を快く受け入れてくれる会社が理想的ですよね。

やる気がなくなる!?上司について悩んでいる人も・・

アンケートの結果、3番目に多かったのは「上司を変えて欲しい」という回答でした。

・私より年下の上司の態度がとても悪いので、変えてほしいです。もっと仕事のしやすい上司にして欲しいです。(50代/女性/パートアルバイト)
・仕事もできなくて、責任も取らない上司なのでいるだけで邪魔だから(20代/女性/パートアルバイト)
・上司に不満があるというわけではありませんが、苦手な人や距離を起きたい人がいるので、お願いしたいです。(20代/女性/専業主婦)
・直属の上司のせいでストレスが溜まって、疲れがひどいです。とにかく違う人に変えてほしいです。(30代/女性/無職)

仕事をしている以上、性格の合わない上司や理不尽な上司と付き合わなければならないことはありますよね。しかし、アンケート結果からもわかるように、上司に不満があるとそれだけで仕事への熱意が失われかねません。「上司さえ違う人ならもっと頑張れるのに…」と思うと、上司を変えてくれるようにお願いしたくなる気持ちも納得ですよね。

フレックスタイム導入で時間を有効活用したいという意見も!

アンケートの結果、4番目に多かったのは「フレックスタイム制の導入」という回答でした。

・全員が同じ時間で働く必要性は少ないと思う。より効率的で利益が出る方法としてフレックスタイムを実践してみたい。(20代/女性/学生)
・朝の通勤ラッシュがたまりません。たった30分ほど遅く家を出ることにより、電車の混み具合が随分違います。混雑を避けることで、従業員の元気の度合いは全く異なり、一日の仕事の出来具合に良い影響を及ぼしますし、それぞれが都合のよい時間に出勤できることでストレスもかなり減ると思います。(50代/女性/自由業・フリーランス)
・早めに出社して早めに帰ることができると毎日の予定を立てるのが楽しみになるし、寝坊も少しは許されるから(30代/女性/無職)

フレックスタイムを導入すれば、自分の都合に合わせて始業・終業時刻を決めることができます。この制度なら、娯楽や家事・育児と仕事の両立もかなりしやすくなるのではないでしょうか。スケジュール管理に関するストレスが軽減されれば気持ちに余裕もでき、仕事の効率アップも期待できそうですよね。

会社に要求したいことは様々…改善をじっと期待するのもあり?

アンケートの結果、圧倒的に多かった回答は「給料アップ」でした。生活と深く関わることである以上、大勢の人が給料に注目するのは自然なことだといえるでしょう。また、共働きが珍しくない現代では、出産・育児に関する待遇を改善してほしいという意見も頷けます。

そして、上司が自分と合う人物だったり、フレックスタイムによって自分の都合を優先させやすくなったりすれば、仕事の効率も上がって働くのが楽しくなりますよね。今すぐにこれらのことが改善されるのは難しいかもしれませんが、自分自身の工夫・心がけによって前向きにとらえつつ、職場環境がよくなるのを長い目で見守るのが理想ではないでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性
■調査期間:2016年02月04日?2016年02月10日
■有効回答数:100サンプル

post_banner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨今正社員を雇用せず派遣社員で賄う会社が激増しています。昔より格段に門戸が広くなった派遣社員ですが、…
  2. 社員の給与計算、月次決算、日々の細々とした精算など、会社のお金にまつわる作業を一身に背負い、縁の下の…

最新の記事:ライフスタイル

最新の記事:お財布事情

最新の記事:事務・経理の仕事術

最新の記事:スキル・キャリア

最新の記事:お仕事選び方テク

事務・経理の求人数トップクラス!|ウーマンスタンス
ページ上部へ戻る