4つの施策で欠勤・遅刻の撲滅を目指す

スタッフの遅刻や欠勤を減らすために4つの施策を行っています。採用時から就業中の様々な段階で、スタッフの状況に応じて研修や面談を行います。勤怠状況をいち早く確認できる管理システムや勤怠レポートの分析で遅刻や欠勤の撲滅を狙います。

① 勤怠アセスメント

「採用段階での勤怠意識を見極める」

カウンセリングチェックシートを用いて、スタッフ登録時の面接での見極めを強化しています。感情や価値観ではなく、過去の勤怠に関する意識、行動・事実をヒアリングすることで、スタッフの勤怠意識を判断していきます。

② 研修

「勤怠意識を醸成する」

事前研修にて、「なぜコールセンターでは勤怠が重要なのか」、勤怠不良の与える影響を改めて教育します。

③ 勤怠システム

「勤怠状況を出勤前に把握する」

全スタッフの毎日の出勤状況を、事前に把握するための独自のシステムを導入しています。スタッフの勤怠管理を実施することにより、シフトの間違いの減少、遅刻の減少を実現しています。


④ 勤怠面談

「勤怠意識のリマインド」

欠勤者が発生した場合、基本的に翌日での面談設定を行い、即指導を実践しています。その際、スタッフの勤怠意識を再度高めることを目的とし、今までの勤怠データ(スタッフカルテ)を見せて確認しながら、より具体的な指導・教育を行います。